みつばち市民講座

10月 18th, 2017

先週末から降り続いた雨もやみ、

今日は晴れ間が見えておりますね。

しかし、夜からまた雨が降るようです・・・。

さて、先日割愛した金木犀について。

金木犀は、「金」色の花を咲かせ、樹皮が動物の

「犀(サイ)」の皮膚に似ていることから名前がついたそうです。

金木犀には、謙虚、陶酔、初恋、気高い人、

真実の5つの花言葉があります。

強く甘い香りが特徴の金木犀ですが、

匂いとは対照的に花は小さく控えめです。

その対比から謙虚・真実とついたようです。

気高い人とは、上品・品格があるという意味で、

秋雨の時期に咲く金木犀は、雨降りのときも

香りを漂わせることから来ているようです。

陶酔は、我を忘れてほろ酔い気分にさせてくれる

金木犀の香りや開花期間の短さが由来のようです。

最後に初恋は、開花期間の短さに反して匂いの

印象は強く残ります。いつまでも記憶に

残る初恋から来ているようです。

さて、長くなりましたが、今週末金曜日はみつばち市民講座です。

毎年恒例でとても人気のある講座ですね。

先日みつばち協会の会長様との打ち合わせの際に

蜂蜜を頂きました。

とても甘くお花の蜜の味を感じました。

こちら受付は終了しております。

ご参加の皆様におかれましては、お時間

お間違いのありませんよう新柳居まで

お越し下さい。

第5回 京都で油を語る

10月 17th, 2017

先週末から雨が降り続いておりますね。

今年は梅雨時期にあまり降らなかったので、

梅雨が今来たという感じがします。

京町家の近くでは、金木犀が咲き、

天気の良い日は近くを通ると良い匂いがし、

秋の到来を感じますが、最近は

涼しいというより肌寒いと感じるので、

初冬のような気もします。

金木犀の花言葉について述べたいところですが、

本日はお知らせがあるので今回は割愛致します。

さて、本題に入りますが、本日は

連続講演会「京都で油を語る」の第5回が

京町家にて開催されます。

前回の第4回では、山田製油の山田康一社長より、

ゴマ愛溢れるお話をしていただきました。

山田製油の創業からこれまでの歩みやこだわり、

油の目利きやゴマの効能、更に山田製油の商品による

効き油も行いました。

また、最後には社長自らゴマをすり鉢ですり、

参加者に配られました。

町家中がゴマの香ばしい匂いにつつまれました。

さて、5回目となる今回は、一般社団法人バイオインダストリー協会

会長の清水昌氏に「微生物で作る油」をテーマに

お話いただきます。

こちらまだ席が空いておりますので、

よろしければお越し下さいませ。

しつらえ替え

10月 12th, 2017

 

少し久しぶりの更新となりました。

最近は、晴れたり雨だったりと服装に悩む気候が続いておりますね。

先週の雨の際、寒くて事務用にヒーターを出しましたが

今週は暑い日が続いており、コンセントを抜きインテリアの

一部と化しています。

 

さて、本日は先週行われたしつらえ替えについてです。

ac

前回は撮影を忘れておりましたが、今回はキチンとBefore写真も撮りました(^ ^)

まずは土間や和室の掃除から。

g h

各担当に分け、丁寧に掃除していきます。

i l

今回は、大家さんのお宅もお手伝い☆

m

 

 

 

土間の掃除では、新聞紙を濡らして千切り、適当に散らばせます(写真参照)。

そしてほうきで新聞紙を集めながら掃きます。

土間は埃が溜まり、舞うのでこうすると埃が立たないそうです。

j k

掃除が終わると、夏用の建具から冬用の建具に付け替えます。

n o

町家もすっかり冬化粧です。

今回も春学期同様学生が授業の一環でしつらえ替えを手伝ってくれました。

このような日本の伝統を守り継いでいく授業があるのはとても良いことですね。

冬化粧になった町家に一度足をお運び下さい。

みつばち市民講座

10月 4th, 2017

今週は雨が続くと聞いておりましたが、

昨日今日と晴れ間が続いておりますね。

昨日は京町家新柳居にて京都で油を語るの第4回が

行われました。

また、本日朝は本学の学生が建具を

冬用に替えました(しつらえ替え)。

 

本日は宣伝したいことが他にありますので、

京都で油を語るの簡単なレポートと

しつらえ替えについては割愛致します。

 

さて、毎年10月に開催しております、

『みつばち市民講座』を今年も

開催いたします!

京町家新柳居では、10月20日(金)に

18時半より行います。

多様な講師にみつばちと緑化について話して

いただきます。

詳しくはこちらをご覧下さいませ。

 

お申込みやお問い合わせは、京町家新柳居では

行っておりませんので、下記まで

お願い致します。

宛先 〒604-8588 中京区役所「みつばち市民講座」係

   E-mail nakagyo@city.kyoto.lg.jp

申込 往復はがきまたはメールにて、参加希望者の住所、氏名、

   電話番号及び参加希望回を記入し、お申込み下さい。

   (同伴者がいる場合は、併せて記入をお願いします。)

締切 10月6日(金)必着

    ※お申し込み多数の場合は、申し込み期間終了後に抽選となります。

     抽選の結果は追ってご連絡させて頂きます。

問合 中京区役所地域力推進室 総務・防災担当  TEL 812-2421

毎年恒例の本講座、沢山の方のご参加を心より

お待ち申し上げます。

 

京都で油を語る 第4回

10月 2nd, 2017

今週はずっと雨が続くようですね。

10月は台風も多い時期となりますので、

強風や大雨にはお気を付け下さい。

先日29日は、「京の知と語る」最終回が

行われました。

イラストレーターでエッセイストの

小林氏の絵を見ながら京都に生まれ育った

小林氏、小島氏の視点から見える京都の一年に

ついてお話を頂きました。

お二人とも京都をとても愛していることが

伝わりました。

さて、本日京町家新柳居は閉館ですが、

明日は朝から開館し、夕方からは

「京都で油を語る」第4回が行われます。

第4回は、山田製油社長の山田康一氏に「ゴマとゴマ油」を

テーマにお話し頂きます。

こちらまだ予約承っておりますので、

本学HPよりご予約下さいませ。