Archive for the ‘市民講座’ Category

異文化研究に基づいた実践英会話 第3回

木曜日, 3月 29th, 2018

数日前から続く暖かさで桜も一気に

開花し桜を見かける度に春を感じる季節になりましたね。

 

先日は9日の講座の続きからスタート致しました。

英会話で大事なルール「ゴールデンルール」は

3つあり、そのうち2つを先生から実践を交えながら

分かりやすく且つ楽しくお教えいただきました。

明日30日の講座では、「次のレベルの英会話」を

テーマに、9日・16日の講座を振り返りながら

実際に英会話を行っていきます。

詳細はこちら

お問い合わせやお申し込みは下記まで。

研究・連携支援センター

0771-29-3593

第2回 異文化研究に基づいた実践英会話

木曜日, 3月 15th, 2018

雨の続いていた先週とは打って変わり、

今週は晴れ間が続いておりますね。

湿気と日照時間の短さから洗濯物が乾きにくかった

先月は外で乾かし室内暖房で温める乾かし方をされる方も

多いと思いますが(私もその一人ですが)最近では

外で干すだけで室内干しをしなくても乾いてくれます。

 

先日行われた今講座の初回では、ホワイトボードに

Richmond先生に関する英単語が16個書かれ、

その単語に関するクローズ質問(答えがYesかNoになる質問)を

英語で行うというゲーム形式で講座が開始されました。

講座開始時から参加者は大変盛り上がっており、

今回のテーマでもあります「異文化研究に基づいた実践英会話」らしく

英語圏の会話と日本人の会話の違いに触れながら

楽しく講座をしていただきました。

また、中学高校で習う英語とは違い、実際に会話をする場面で

必要になってくるようなやりとりも分かりやすく教えてくださいました。

(相手の質問が聞き取れなかった時や質問はわかるが

何を答えたらいいかわからない時、伝えたい言葉を英語でどう

伝えたらいいかわからない時など)

実際に外国人と話す時に知っておくと役に立つことをたくさんお教えいただき、

また、とても面白くわかりやすい講座であっという間に時間が過ぎ、

参加者の皆さん笑顔で新柳居を後にしました。

 

明日16日(金)18時半~新柳居にて第2回を行います。

今講座は全回ともStephen Richmond先生にお話しいただきます。

次回の詳細はこちらから。

今講座は大変人気となっており、残りの枠もわずかとなっております。

お申込み、お問い合わせは下記まで。

研究・連携支援センター 0771-29-3593

異文化研究に基づいた実践英会話 お知らせ

木曜日, 3月 8th, 2018

昨日今日と雨が降ったり曇ったりと

あまり天気の良くない日が続いておりますね。

草木には良いと知っていてもあまり天気の

良くない日が続くと気分も落ち込んでしまう方も

多いのではないでしょうか。

 

明日9日は新柳居市民講座

「異文化研究に基づいた実践英会話」が行われます。

今シリーズは全回とも本学人文学部心理学科

Stephen Richmond(スティーブン・リッチモンド)先生に

お話いただきます。

第1回は、「英会話の基礎」として、英語と

日本語の会話スタイルを比較しながら、

英語での自己紹介などを実際に行います。

 

こちら予約優先制、当日参加不可と

なっておりますので、参加希望の方は

事前に下記までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・お申込み

研究・連携支援センター 0771-29-3593

 

明後日10日は本学の卒業式が亀岡キャンパスにて行われます。

卒業生たちが4年間の思い出や経験を胸に

自分たちの人生を謳歌して生きていってほしいですね。

水と微生物

月曜日, 2月 26th, 2018

まだまだ寒い日が続いておりますが、

最近では梅の花を見かけることが多くなりましたね。

梅の花言葉は、「高潔」「上品」「忠実」「あでやかさ」だそうです。

「高潔」と「上品」は、寒風の中、芳香を漂わせながら花開く姿から

つけられ、「忠実」は菅原道真が左遷された際に後を着いて行った

『飛梅』伝説からつけられたもので、主君に仕える忠実な様から

きたようです。そして、「あでやかさ」はピンクや紅梅のあでやかな

美しさからついたようです。

春は梅に桃に桜と木になる花がたくさんあり、お花見なども

盛んにされますが、今では桜での花見が主流ですが、

もともとは梅が主流であったそうです。

 

23日は京町家新柳居で、「水と微生物」の

最終回が行われました。

普段聞くことのできない南極に生きるちいさな陸の

生物が水のほとんどない極限の状態で

如何に生きているのかなどをお話いただきました。

また、南極の氷も持ってきていただきました。

水と微生物3氷

 

 

 

 

 

普段私たちが目にする氷よりもずっと綺麗で

澄んでおり、気泡が沢山出来ておりました。

南極は人が住んでいないのもあり

水が綺麗なのだろうなと感じました。

 

次は2週間ほど空いた3月9日から

「異文化研究に基づいた実践英会話」が始まります。

今年度最後の講座となります。

詳細は下記リンクから。

(各日にちはそれぞれの日時のページとリンクしております)

9日 16日 30日

お申込みやお問い合わせは下記まで。

研究・連携支援センター 0771-29-3593

水と微生物 第3回

木曜日, 2月 22nd, 2018

2月も下旬に入りましたが、まだまだ

寒い日が続いておりますね。

京都は4月いっぱいくらいまで

冬の寒さが続いて、マフラーが

手放せない印象があります。

先日16日は京町家新柳居にて「水と微生物」の

第2回が行われました。

本学バイオ環境学部高澤先生より「水は眠らない」を

テーマにお話しいただきました。

マイクロ・プラスティックの与える影響や

南極観測のお話しなど、とても興味深いお話でした。

 

さて、明日23日は第3回

「水がない!?南極でたくましく生きる」を

テーマに、情報・システム研究機構 国立極地研究所

特任研究員の辻本氏にお話しいただきます。

こちらまだ予約受け付けておりますので、

お時間都合の合う方は是非お越しくださいませ。

お問い合わせ・お申込みは下記まで。

研究・連携支援センター

0771-29-3593