ちまきづくり×浴衣=祇園祭

7月9日(木)、京町家キャンパスから二筋上がったところにある
八幡山の粽づくりに出張ご奉仕してきました。

ひと口に“ちまき”と言っても、それぞれの山鉾によって
巻き方が違っているんですよね。

というわけで、まずは八幡山の皆様に教えていただきました。
  

先日の南観音山のちまきづくりと同様、
要領を掴んでからは早かったのではないでしょうか?

しかし今日はこれだけではありません。

頃合いで、地域の小学生が到着!
  

今度は学生が、小学生にちまきづくりを教える番です。

  

  

はじめに八幡山の皆様が教えてくださったように、
それ以上に丁寧に、わかりやすい言葉を選んで、
順を追って、教えることができたでしょうか?

指導することの大変さ、気遣いの大切さ、視野の広さ、
など少しでも感じられていたらいいですね。

学生のみなさん、ご苦労様でした。

**********

時を同じくして、京町家キャンパスには
台湾のとある中学の皆様が来られました!
中学といっても日本でいう高校生にあたるそうです。
日本の文化を学んでおられ、今回は実地研修で来られたとのことです。

せっかくの京都の夏なので

  

着ていただきました♪ いいですねぇ。
そのまま浴衣でお散歩して行かれました。
日本の文化に触れ、楽しんでいただけたでしょうか?

**********

そして本日7月10日(金)、四条界隈の鉾立てが始まりました!
日々、街並みが変化していくのが楽しいですね♪

Leave a Reply