祇園祭講座-0609-

少し久しぶりの更新になりましたね。

2・3日雨が降りとうとう梅雨に入ったかと

思いましたが、すぐに天気も晴れ、

また暑い日々が続いておりますね。

今年も毎年人気の祇園祭講座が行われました。

6月9日18時半より、公益財団法人八幡山保存会評議員の

井上成也氏に「祇園祭の風情を再生しようとする

地域住民の取り組み」というテーマでお話いただきました。

井上先生 受講者
祇園祭の山鉾の歴史や京町家新柳居や

八幡山保存会の所属する明倫学区について、

八幡山独自の宵山での取り組み(屏風の展示や

幔幕の取り付けなど)をお話いただきました。

歴史 屏風
電線や警察・消防との連携などの問題点について

質疑応答で井上氏と受講者がそれぞれの見解を

述べ、盛り上がっておりました。

質疑応答2質疑応答3
次回は、6月30日(金)18時半より京町家新柳居にて

「鷹山の復興に向けて」というテーマで

公益財団法人鷹山保存会の方にお話いただきます。

こちらまだまだ枠が開いておりますので、

興味をお持ちの方は、京町家(075-204-9160)または

京都学園大学研究・連携支援センター(0771-29-3593)まで

ご連絡下さいませ。

 

Leave a Reply