京都で油を語る 第6回

強い雨風を伴った台風21号も去り、

本日は晴れ間がみえつつ雨が降る天気と

なっておりますね。

大学に向かう道中、屋根の瓦やガラスの破片が

飛び散っており、驚きました。

さて、明日24日は「京都で油を語る」の最終回です。

「微生物で油を作る」というテーマで、京都大学で

学生と研究をされている清水昌氏にお話しいただきました。

「微生物で作った油を食べたいか」という問いから始まり、

参加者はそれぞれの意見を述べ、清水氏がこれまで

されてきた学生との研究に基づくお話しをされました。

今後の微生物による油の可能性についてとても参考になりました。

明日の講演では、本学バイオ環境学部教授の藤田裕之氏に

「油脂と健康」というテーマでお話しいただきます。

こちら受付があとわずかとなっておりますので、

参加希望の方はお早めにご連絡下さい。

お時間・場所はいつもと同じ、京町家新柳居にて

18時半より開始でございます。

Leave a Reply